注文住宅・輸入住宅・北欧住宅・ハウスメーカー|東京・神奈川|のユーロJスペーストップページ住宅作品紹介神奈川県 H邸
作品紹介トップヘ

神奈川県 H邸

機能的で住み心地の良い北欧素材を採用した家。2度目のユーロJスペースで建築!
住み心地・デザインが気に入り、2度目の建築も同じユーロJスペースに頼みました。
ここから800mほど離れた場所に9年前から住んでいたHさん。
前の家は手狭で一生住める家ではないと感じるようになり、再度新築を決意。
前の家もつくってもらっていたのですが、デザイン性と住み心地に満足し、再依頼。
北欧スタイルの家が持つ設計思想や機能的な建材などに魅力を感じていたからです。

北欧住宅の特徴のひとつである高気密・高断熱にもこだわりました。
断熱材には天然素材のウールを使用し、トリプルガラスの木製サッシ、蓄熱式温水床暖房を
使ったので、冬暖かく、夏涼しい家ができました。

各部詳細(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。)
スイス漆喰の真っ白い壁と北欧の木製三層ガラスサッシ
外壁はスイス漆喰のを使用しており、強アルカリ性の白い色でもカビにかりにくく、汚れにつよい。

リビング
47インチの大型TVが入ったリビングボード。 天井には北欧パイン。床はバーチ材の北欧のインテリア。 TVボードの下は、大人の雰囲気を出すため、大理石を一部使用しました。


キッチン
北欧の家具には木製が多く、シンプルなデザイン。ファブリックは大柄で元気がもらえそうなデザインが多いのが特徴。テーブルにはデンマークのKVIST社製。ファブリックはKVADRAT(クヴァドラ)社製。 ほんのり灯る照明は、『ルイスポールセン』の照明器具。

階段
玄関からリビングに入ると、ニッチの棚、ステンドグラスが出迎えてくれる。 階段手すりは赤色に塗り、アクセントに。


飾棚
デンマーク家具の飾棚を壁に設置。 好きなグラスやワインを飾り、リビングをおしゃれに。

吹き抜け
吹き抜けの腰壁は、ガラスブロックを3つ、ペイントを使いながら、グリーンルーム(庭)と同じデザインにして統一感を出しています。


GREENROOM (お庭)
グリーンルーム。リビングからパティオドアを開けて、すぐに出ることが出来る。 白那智石で模様を書き、残った部分をペイントでわざと刷毛目がのこるように仕上げています。

EURO POST
アプローチには、ブラックのEURO POSTを選択。 白い壁をぐっと引きしめています。




作品紹介トップヘ